採用担当 森山のつぶやき

 

こんにちは!

 

グッド・クルー採用担当の森山です

 

 

 

最近は暖かくて、過ごしやすい気候となりましたね!

 

大好きな夏も近づいてきてわくわくです。

 

そんな私のこの夏叶えたい目標は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神津島に行くことです!!!!!!!!!!

 

 

f:id:good-crew:20180505165230j:plain

 

 f:id:good-crew:20180505165313j:plain

 

 

 が好きな私にとって最高な場所です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はそんな私の就活時のエピソードです

 

 

 

 

社会人になると仕事ばかりで大変そう…

 

週5日も働くなんて無理

 

と、思いながら大学時代に就活していました。

 

 

 

 

 

でも、実際社会人になってみるとその思いは

 

良い意味で裏切られました。

 

毎日充実してとても楽しいんです。

 

もちろん楽しいことばかりではありません。

 

大変な経験も含め、たくさんの経験をさせてもらい

 

大学生の時よ挑戦したい事が増え、日常を見る視野も広がりました。

 

これも仕事のおかげだと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな就活に対してマイナスなイメージしかなかった私が

 

就活も上手くいくはずもなく内定を取るまでに相当苦戦しました。

 

 

 

就活をやる気もない、特別な素質もない、

 

自分のことを伝えるのことが苦手な私が

 

ある時を境に、立て続けに数個内定を頂けるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に意識して行ったことを、初歩的なことですが

お伝えしたいと思います。

※これはあくまでも個人の意見なので、ご参考程度に(*^_^*)

 

 

 

 

①企業のHPや紹介文を熟読し、キーワードとなる言葉を覚えること

⇒面接中にそのワードを使う

HPや紹介文に乗っている言葉って面接官の方も普段から

聞き慣れている言葉だと思うんですね。

その言葉を使うことによって、親近感を覚えたり

会社のこと知ろうと思ってくれてるんだ嬉しいなと感じます。

 

 

 

②笑顔を忘れず、はきはきと自信を持った話し方をすること

⇒余裕がある人って素敵に見えませんか?

根拠のない自信はNGです。

しかし同じことをしてきたのに表情や立ち振る舞い、伝え方で

相手に与える印象は全く違ってきます。

 

 

 

③今までやってきた経験だけを話すのではなく

それを社会に出てどう生かしていきたいのか話すこと

⇒過去は変えられません。

その経験から何が学べたのか、それをどう今後に生かすのかを伝える。

この人が会社に入ることで有益になると思ってもらえば良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

 

 

 

 

 

 

相手の感情を動かす。

 

 

 

 

 

 

 

これが大事なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りの友達がどんどん内定をもらって

 

焦り」や「自分の無力さ」を感じる人もいると思います

 

そこから気持ちを落としていくと負のスパイラルに突入します。

 

そうではなく「自分を魅せる」意識を忘れず

 

相手の気持ちを動かせるような人になろう!!!!

 

と思って欲しいのです★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に余談ですが

 

あまりにも良い天気だったのでお昼ついでに

 

金王八幡宮に寄ってみました。

 

こんな都会の中にこんな素敵な場所があるなんて…

 

 

 

 

 

 

 

静かに時間が流れていて渋谷にいることを忘れさせてくれました。

 

何か暖かいものを感じ、心が動かされました。

 

 

f:id:good-crew:20180505170339j:plain

    🎏写真は金王八幡宮鯉のぼりとひょっこりクロスタワーです🎏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というところで森山のつぶやきは以上です!

 

皆さんよいGWをお過ごしくださいではまた